犯罪学;交通犯罪の特殊性

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数347
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    交通犯罪は他の伝統型犯罪と比べて、以下の4つの点で異なる。
     1つめに、過失犯が中心であることである。2つめに、加害者・被害者双方にとって悲劇であることである。3つめに、再犯の可能性が低いことである。4つめに、社会的被害が甚大であることである。
    しかし、近年においては故意犯・悪質犯が増加し、交通犯罪者への厳罰化を求める被害者運動の影響によって、交通犯罪者に対する認識が変化してきた。すなわち、従来の交通犯罪者はたまたま交通事故を起こしてしまったという善良な市民が多かったのに対し、現在の交通犯罪者には法遵守の精神が欠如した悪質な市民が増えてきたのである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    犯罪学 中間レポート 6
    選択問題番号 26. 暴力団対策法施行後の傾向と今後の課題について説明せよ。
    暴力団対策法施行後の傾向としては以下の 3 つがある。
    1 つめに暴力団の潜在化である。例えば事務所の代紋、提灯、当番表をはずすなど活動を隠蔽す
    るようになった。
    2 つめに暴力団の仮装化である。例えば右翼、同和の活動の形をとるようになるなど身分を曖昧
    にするようになった。
    3 つめに暴力団の高齢化である。これは平成 5 年改正法によって、離脱阻害の規制や加入強要の
    規制、離脱・社会復帰の促進ないし支援が盛り込まれた影響からであり、20 代・40 代が減少した。
    今後の課題として..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。