運転免許本免試験対策シート7

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数283
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1. 急な下り坂では加速に弾みがつき、危険なので車間距離を長めにとる。
    2. 違法駐車標章は車の移動や駐車方法の変更などを確認した後で、警察官などが取り除くのであって、その前に運転者が勝手に取り除いたり、やぶったり汚したりしてはいけない。
    3. 横断歩道や自転車横断帯に明らかに人がいないときは徐行しなくてもよい。
    4. 原動機付き自転車で止まっている車のそばを通行するときは急にドアが開いたり、車のかげから人が飛び出したりすることがあるので、安全な速度と方法で進行するのがよい。
    5. 見通しの悪い住宅街で、車の接近に気づかず遊んでいるこどもが認めたので速度を落としたが、いつこどもが飛び出すか分からない状況なので、危険防止のためさらに徐行して警音器をならした。
    6. 右折や左折などをするときはその行為が終わるまで合図を継続しなければならない。
    7. 標識や標示で指定されていない一般道路における普通自動車の最高速度は時速60キロメートルである。
    8. 道路の曲がり角やカーブを通行するときは、車の内輪差のため内側にいる歩行者や自転車などを巻き込むおそれがあるので注意しなければならない。
    9. 道路の左端を走行する二輪車は側溝や舗装の段差、水たまりなどの障害物をさけるため道路中央による場合もあるので注意しなければならない。
    10. 高速道路の最高速度は自動車の種類に応じて定められている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    運転免許 本免試験 対策シート 7
    以下は、答えが○のもの
    1. 急な下り坂では加速に弾みがつき、危険なので車間距離を長めにとる
    2. 違法駐車標章は車の移動や駐車方法の変更などを確認した後で、警察官
    などが取り除くのであって、その前に運転者が勝手に取り除いたり、やぶっ
    たり汚したりしてはいけない
    3. 横断歩道や自転車横断帯に明らかに人がいないときは徐行しなくても
    よい
    4. 原動機付き自転車で止まっている車のそばを通行するときは急にドア
    が開いたり、車のかげから人が飛び出したりすることがあるので、安全な速
    度と方法で進行するのがよい。
    5. 見通しの悪い住宅街で、車の接近に気づ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。