運転免許本免試験対策シート6

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数661
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1. AT を上り坂で駐車するときは、ブレーキペダルを踏んだままハンドブレーキを確実に引いてからチェンジレバーをP に入れる。
    2. 衝突したときの衝撃力は速度の2乗に比例するので、速度が増すとそれだけ危険性が増してくる。
    3. 追い越ししようとするときは、その場所が追い越し禁止の場所でないことをまず確かめなければならない。
    4. 道路の中央から右側部分にはみ出して通行することができるときでも一方通行のほかはそのはみ出し方をできるだけ少なくしなきゃだめ。
    5. 横断歩道に近づいたとき、歩行者がいないことが明らかな場合は減速しないでそのままの速度で進行してもよい。
    6. 追い越しした後、追い越した車の前方にでるときは左の方向指示器を出したまま前方に進み、ルームミラーに追い越した車が見えたらゆっくりと徐々に左に車を移動させる。
    7. 深い水たまりを通ったときは、ブレーキドラムに水が入り、ブレーキがきかなくなることがあるので、通行した後はブレーキがきくかどうか点検する。
    8. 車は前の車が右折のため右側に進路変更しようとしているときはその右側を追い越してはならない。
    9. 車両通行帯のない信号機などにより交通整理が行われていて、二段階右折の標識がない交差点で右折する原動機自転車はあらかじめ道路の中央により、交差点の中心のすぐ内側を徐行する。
    10. 車を停止させようとするときは、やむを得ない場合をのぞき、ブレーキを数回に分けてふみ、後車に停止することを知らせるという配慮が必要。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    運転免許 本免試験 対策シート 6
    以下は、答えが○のもの
    1. AT を上り坂で駐車するときは、ブレーキペダルを踏んだままハンドブレーキを確
    実に引いてからチェンジレバーを Pに入れる
    2. 衝突したときの衝撃力は速度の2乗に比例するので、速度が増すとそれだけ危険性
    が増してくる
    3. 追い越ししようとするときは、その場所が追い越し禁止の場所でないことをまず確
    かめなければならない
    4. 道路の中央から右側部分にはみ出して通行することができるときでも一方通行の
    ほかはそのはみ出し方をできるだけ少なくしなきゃだめ
    5. 横断歩道に近づいたとき、歩行者がいないことが明らかな場合は減速..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。