運転免許本免試験対策シート4

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数557
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1. 夜間高速道路で故障した場合は提示標示機材をおくほかに非常点滅表示灯、尾灯や駐車灯をつけなければならない。
    2. 停止線がある横断歩道や自動車横断帯の手前で一時停止をするときはその直前で止まらなければならない。
    3. 同一方向に3以上車両通行帯のある、信号機などにより交通整理されていない二段階右折の標識がない交差点で右折する原動機付き自転車はあらかじめ道路の中央により、交差点の中心のすぐ内側を徐行する。
    4. 交差する道路が優先道路であったりその幅員が広いときは徐行したりして交差する道路を通行する車の進行を妨げないようにしなければならない。
    5. 運転者が疲れているときは判断力や注意力が低下し、停止距離は長くなる。
    6. 歩行者のそばを通るとき歩行者との間に安全な間隔をとったが、雨がふっていたため泥水を歩行者にはねたそのせきにんは運転者にある。
    7. 標識で追い越しが禁止されているのはその場所が追い越しに伴う対向車との正面衝突の危険性があることや対向車がなくても追い越しに必要な距離が十分でなく危険な場所であることのためである。
    8. 二輪車が四輪車の後方を走行しているとき、前方の四輪車は二輪車に気づかないで進路変更することがあるので注意しなければならない。
    9. カーブを走行するときは遠心力が働くのでその手前で速度を落とすことが必要である。
    10. 二輪車の運転は近くのものに視線が向けられがちになり四輪車の運転者に比べて左右方向や遠くのものへの情報が少なくなる傾向がある。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    運転免許 本免試験 対策シート 4
    以下は、答えが○のもの
    1. 夜間高速道路で故障した場合は提示標示機材をおくほかに非常点滅表示灯、尾灯や
    駐車灯をつけなければならない
    2. 停止線がある横断歩道や自動車横断帯の手前で一時停止をするときはその直前で
    止まらなければならない
    3. 同一方向に3以上車両通行帯のある、信号機などにより交通整理されていない二段
    階右折の標識がない交差点で右折する原動機付き自転車はあらかじめ道路の中央によ
    り、交差点の中心のすぐ内側を徐行する。
    4. 交差する道路が優先道路であったりその幅員が広いときは徐行したりして交差す
    る道路を通行する車の進行を妨げない..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。