運転免許本免試験対策シート2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数466
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1. 冬道の交差点付近で路面がアイスバーン状態のときは信号が青から赤に変わっても安全に停止できるような速度に落として走行する。
    2. 原動機付き自転車や自動車を運転中夕日の反射などによって方向指示器が見えにくい場合には方向指示器の操作とあわせて手による合図を行うとよい。
    3. 歩行者が横断しているときは横断歩道の手前(停止線があるときはその手前)で一時停止して歩行者に道をゆずらなければならない。
    4. 二輪車はほかの車から見落とされやすいのでほかの運転者が目につきやすい衣服や乗用車用ヘルメットなど視認性のあるものを身につけるとよい。
    5. 二輪車で高速道路を走行中、四輪車と並進した状態になっていると、四輪の死角となっていることがおおく、危険なので注意する。
    6. 全面ガラスやルームミラーなどに、マスコット類をつり下げたりすると視界の妨げになるだけではなく運転に支障をきたすおそれがあり安全運転の妨げになる。
    7. AT車はマニュアル車は運転操作が異なるところがあるので運転の基本を理解し正確に操作することを習慣づけるようにする。
    8. 交差点において交通整理中の警察官が腕を垂直にあげているときは警察官の身体の正面に平行する方向の交通に対しては黄色の灯火の信号と同じ意味である。
    9. 前方の交通が混雑しているときは前方の信号が青であっても交差点内にはいってはならない。
    10. 踏切を通過するときは落輪しないようにやや中央よりを通行する。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    運転免許 本免試験 対策シート 2
    以下は、答えが○のもの
    1. 冬道の交差点付近で路面がアイスバーン状態のときは信号が青から赤に変わって
    も安全に停止できるような速度に落として走行する。
    2. 原動機付き自転車や自動車を運転中夕日の反射などによって方向指示器が見えに
    くい場合には方向指示器の操作とあわせて手による合図を行うとよい。
    3. 歩行者が横断しているときは横断歩道の手前(停止線があるときはその手前)で一
    時停止して歩行者に道をゆずらなければならない。
    4. 二輪車はほかの車から見落とされやすいのでほかの運転者が目につきやすい衣服
    や乗用車用ヘルメットなど視認性のあるものを身..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。