犯罪学の歴史

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数973
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    犯罪学の関心のスタートは犯罪者に対する刑罰についてであった。すなわち、「何をしたか」ではなく、「誰がしたか」に関心が持たれたのである。そして、かかる犯罪者の処分をいかに行うかについて、犯罪者の境遇や性格などが研究された。
    しかし、犯罪者への関心は1970年代アメリカから急速に衰退した。なぜなら、犯罪の原因が分かったからといって、なんらの対策も講じることができない、犯罪原因というものが本当に分かるのか疑問であるなどの批判がなされたからである。
    そして、次に被害者の問題へと関心が高まるようになった。さらに現在では、犯罪の未然予防や警察・刑務所の規模の縮小を目的として、犯罪行為自体への研究も活発になってきている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    犯罪学 中間レポート1
    選択問題番号 1 犯罪学の関心の変遷について説明せよ。
    犯罪学の関心のスタートは犯罪者に対する刑罰についてであった。すなわち、「何をしたか」で
    はなく、「誰がしたか」に関心が持たれたのである。そして、かかる犯罪者の処分をいかに行うか
    について、犯罪者の境遇や性格などが研究された。
    しかし、犯罪者への関心は 1970 年代アメリカから急速に衰退した。なぜなら、犯罪の原因が分
    かったからといって、なんらの対策も講じることができない、犯罪原因というものが本当に分かる
    のか疑問であるなどの批判がなされたからである。
    そして、次に被害者の問題へと関心が高まるようになった。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。