憲法;政教分離

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,633
ダウンロード数20
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1 政教分離の原則とは、政治は宗教に干渉してはならないし、宗教も政治に関わってはいけない、つまり国家の非宗教性・宗教的中立性を定めたものである。
    かかる政教分離の原則は、20 条1 項、20 条3 項、89 条で規定されている。
    2 それでは、日本国憲法に政教分離の原則がもりこまれているのはなぜか。
    明治憲法下の日本では、神社神道に特権的な地位が与えられ、国費や道府県費による神社運営が行われるなど、事実上神道が国教として扱われていた。
    このような中で、学校教育をはじめとして、国民は誰もが靖国神社への参拝を強制されることとなり、他宗教に対する不敬罪の適用などの形で実質的な宗教弾圧も行われた。
    これらの歴史的事実への反省から、日本国憲法に政教分離の原則が取り入れられたと考えられる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    憲法課題レポート 18
    1.問題
    政教分離の原則について一般的意義を述べよ。また、政教分離に関する判例の見解を述べた上で、
    自分の見解を述べよ。
    2.回答
    1 政教分離の原則とは、政治は宗教に干渉してはならないし、宗教も政治に関わってはいけない、
    つまり国家の非宗教性・宗教的中立性を定めたものである。
    かかる政教分離の原則は、20 条 1 項、20 条 3 項、89 条で規定されている。
    2 それでは、日本国憲法に政教分離の原則がもりこまれているのはなぜか。
    明治憲法下の日本では、神社神道に特権的な地位が与えられ、国費や道府県費による神社運営が
    行われるなど、事実上神道が国教とし..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。