憲法;二重の基準

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数2,529
ダウンロード数19
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    (1)二重の基準論とは、人権を規制する法律の違憲審査に際して、経済的自由の規制立法に関して適用される合理性の基準は緩やかに、精神的自由の規制立法に関して適用される合理性の基準は厳しく審査することをいう。かかる基準を認める根拠は、議会と裁判所の制度的・機能的権
    限分配を重視して、裁判所が議会の民主的判断を尊重すべきことを前提として、経済的自由に関する不当な立法は、民主政の過程による是正に期待して、裁判所は積極的な介入を控えるべきものであるのに対し、精神的自由に関する不当な立法は、民主政の過程自体が損なわれるため、裁判所は積極的な介入を行うことが必要だからである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    憲法課題レポート 10
    1.問題
    次のことばにつき、説明せよ。
    (1)二重の基準論の機能論的アプローチ (2)自己決定権 (3)報道の自由と取材の自由 (4)アフ
    ァマティブアクション (5)司法制度改革における法曹一元化案
    2.回答
    (1)二重の基準論とは、人権を規制する法律の違憲審査に際して、経済的自由の規制立法に関して
    適用される合理性の基準は緩やかに、精神的自由の規制立法に関して適用される合理性の基準
    は厳しく審査することをいう。かかる基準を認める根拠は、議会と裁判所の制度的・機能的権
    限分配を重視して、裁判所が議会の民主的判断を尊重すべきことを前提として、経済的自由に
    関す..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。