憲法;平和主義

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数425
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1 日本国憲法は9 条2 項において、一切の戦力を保持しないと宣言している。
    2 ここにいう戦力とは、一般に軍隊および有事のときにそれに転化しうる程度の実力部隊を指すと考えられている。したがって、軍隊のようなレベルに至らない警察力は戦力ではないということになる。
    3(1)では、憲法が禁止している戦力と、許される警察力ないし単なる実力との区別はどこでつけるべきだろうか。自衛隊が合憲か違憲かという点に関連し、問題となる。
    (2)この点、政府は今日においては、自衛権は国家固有の権利として憲法9 条のもとでも否定されず、そして自衛権を行使するための実力を保持することは憲法上許容されるとしている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    憲法課題レポート 3
    1.問題
    いわゆる戦力について論ぜよ。
    2.回答
    1 日本国憲法は 9 条 2 項において、一切の戦力を保持しないと宣言している。
    2 ここにいう戦力とは、一般に軍隊および有事のときにそれに転化しうる程度の実力部隊を指す
    と考えられている。したがって、軍隊のようなレベルに至らない警察力は戦力ではないという
    ことになる。
    3(1)では、憲法が禁止している戦力と、許される警察力ないし単なる実力との区別はどこでつける
    べきだろうか。自衛隊が合憲か違憲かという点に関連し、問題となる。
    (2)この点、政府は今日においては、自衛権は国家固有の権利として憲法 9 条のもと..

    コメント1件

    1lk4252s 購入
    説得力があってよかった。
    2006/01/13 13:41 (10年11ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。