民法:錯誤

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数952
ダウンロード数22
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    錯誤とは表示意思と内心的効果意思とが一致しない意思表示で、そのことを表意者が知らないことを言う。
    錯誤は95 条で「意思表示ハ法律行為ノ要素ニ錯誤アリタルトキハ無効トス但表意者ニ重大ナル過失アリタルトキハ表意者自ラ其無効ヲ主張スルコトヲ得ズ」と規定している。ここから、表意者の保護と取引の安全との調和がその趣旨であることが分かる。
    錯誤が認められるには、?法律行為の「要素」に「錯誤」があること(95 条本文)と、?表意者に「重過失」のないこと(95 条但書)の要件をみたす必要があり、これら要件をみたせば当該法律行為は無効となる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    民法課題レポート 27
    1.問題
    「動機の錯誤」について論じなさい。
    2.回答
    錯誤とは表示意思と内心的効果意思とが一致しない意思表示で、そのことを表意者が知ら
    ないことを言う。
    錯誤は 95 条で「意思表示ハ法律行為ノ要素ニ錯誤アリタルトキハ無効トス但表意者ニ重大
    ナル過失アリタルトキハ表意者自ラ其無効ヲ主張スルコトヲ得ズ」と規定している。ここ
    から、表意者の保護と取引の安全との調和がその趣旨であることが分かる。
    錯誤が認められるには、①法律行為の「要素」に「錯誤」があること(95 条本文)と、②表意者
    に「重過失」のないこと(95 条但書)の要件をみたす必要があり、これら要件を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。