民法:即時取得

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数673
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    Cは真の権利者たるAに対して、即時取得(192条)によって自己の所有権を主張すると考えられる。
    しかし、本件では指図による占有移転(184条)がなされており、Cは直接絵画を占有していないところ、即時取得が成立するのか。指図による占有移転による占有取得が192条の「占有ヲ始メタル」にあたるのか、問題となる。
    そもそも192条は取引の安全のための制度であり、178条以下の動産公示方法の不完全さを補うために、動産の占有に公信力を認めたものである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    民法課題レポート 21
    1.問題
    BはAから絵画を預かっていた。自分の事業の資金繰りに困ったBは、この絵画をCに売却した。
    その後、BがAから預かったこの絵画をさらにDに預けており、Cへ売却した後も、以後はCのた
    めに保管するようにとのBの指図を受けて、Dが保管してきた。AがBに絵画の返還を求めてきた
    とき、Cはこの絵画の所有権を主張できるか。
    2.回答
    Cは真の権利者たるAに対して、即時取得(192条)によって自己の所有権を主張すると考え
    られる。
    しかし、本件では指図による占有移転(184条)がなされており、Cは直接絵画を占有してい
    ないところ、即時取得が成立するのか。指図による..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。