民法:物権的請求権

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,129
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    物権的請求権とは、物権に基づいて妨害の排除・予防または目的物の返還を請求しうる権利である。
    この物権的請求権は、明文はないものの、物権が物を直接的かつ排他的に支配する権利であり、物権の円満な支配状態が侵害された場合には、これを回復するために当然に認められるべきである。202条1項も、この権利の存在を予定しているとみることができる。
    それでは、物権的請求権の内容および費用負担をどのように解すべきか。
    この点、物権的請求権は物権の支配回復を目的とする以上、相手方の行為による回復を請求でき、かつ費用も相手方に負担させるべきとする見解がある(行為請求権説)。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    民法課題レポート 17
    1.問題
    物権的請求権について述べた上で、費用負担の問題について論じなさい。
    2.回答
    物権的請求権とは、物権に基づいて妨害の排除・予防または目的物の返還を請求しうる権
    利である。
    この物権的請求権は、明文はないものの、物権が物を直接的かつ排他的に支配する権利
    であり、物権の円満な支配状態が侵害された場合には、これを回復するために当然に認め
    られるべきである。202条1項も、この権利の存在を予定しているとみることができる。
    それでは、物権的請求権の内容および費用負担をどのように解すべきか。
    この点、物権的請求権は物権の支配回復を目的とする以上、相手方の行為..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。