民法:94条2項の類推適用

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数2,592
ダウンロード数19
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    94 条2 項は本人と相手方との間に意思表示の通謀があることを要件としている。
    したがって、虚偽表示の要件である通謀や意思表示がなければ、94 条2 項は直接適用できず、原則として善意の第三者は保護されない。
    しかし、同条の趣旨は、真実の権利者が虚偽の外観を作出するにつき帰責性がある場合には、その外観を信頼して取引関係に入った第三者を保護して、取引の安全を図る点にある(権利外観法理)。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    民法課題レポート 16
    1.問題
    94条2項の類推適用についてあなたが調べたことを書きなさい。
    2.回答
    94 条 2 項は本人と相手方との間に意思表示の通謀があることを要件としている。
    したがって、虚偽表示の要件である通謀や意思表示がなければ、94 条 2 項は直接適用で
    きず、原則として善意の第三者は保護されない。
    しかし、同条の趣旨は、真実の権利者が虚偽の外観を作出するにつき帰責性がある場合
    には、その外観を信頼して取引関係に入った第三者を保護して、取引の安全を図る点にあ
    る(権利外観法理)。
    とすれば、①虚偽の意思表示はなくとも虚偽の外観が存在し、②通謀はなくとも虚偽の外..

    コメント1件

    luckchan 販売
    具体例を交えて94条の構造・類推適用を説明したものとして
    http://www.happycampus.co.jp/docs/983432410001@hc05/158/
    を参照して下さい。
    2008/08/11 10:40 (8年4ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。