賠償医学:DNA鑑定の可能性

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数586
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ヒトのDNAの基本的な構造や遺伝子の種類は同じだが、塩基配列は人によって違いがある。この違いをDNAレベルで見つけ出すのがDNA鑑定である。DNA鑑定に使われているのは遺伝子以外にある、「繰り返し配列」と呼ばれる部分である。ヒトのDNAには決まった塩基配列が繰り返し連なっている「繰り返し配列」という部分が何カ所もある。そして、その繰り返しの回数が個人個人で違うのである。
    この方法によって、親子鑑定が行われる場合がある。例えば、子どもから父親への認知請求事件、夫からの嫡出否認請求事件、親子関係不存在確認請求事件、取り違え子事件などである。
    親子鑑定においては、子どもは両親の「繰り返し配列」を受け継いでいるはずであるから、DNAの同じ場所の繰り返し回数は、父母と同じになる。よって、調べる「繰り返し配列」の個所を増やせば、増やすほど正確な鑑定結果を出すことができる。
    DNA鑑定の方法は比較的容易で、どこかの細胞を一つ取ってきて比較するだけで足りる。
    親子鑑定においては、口の中の粘膜を綿棒でこすりとり、そこからDNAを取り出して比較する方法がよく行われている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    賠償医学 小レポート 4
    1.DNA鑑定と人権について論説しなさい。
    2.入浴時の突然死を防ぐための8か条を挙げなさい。
    1.
    3. ヒトのDNAの基本的な構造や遺伝子の種類は同じだが、塩基配列は人によって違いがあ
    る。この違いをDNAレベルで見つけ出すのがDNA鑑定である。DNA鑑定に使われている
    のは遺伝子以外にある、「繰り返し配列」と呼ばれる部分である。ヒトのDNAには決まった
    塩基配列が繰り返し連なっている「繰り返し配列」という部分が何カ所もある。そして、その
    繰り返しの回数が個人個人で違うのである。
    この方法によって、親子鑑定が行われる場合がある。例えば、子どもから父親への..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。