賠償医学・法医学における諸論点

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数930
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1.自覚的所見と他覚的所見とはなにか。簡単に説明せよ。
    2.大腿四頭筋拘縮症の原因はなにか。
    3.生命保険と損害保険において自殺の取り扱いの違いはなにか。
    4.むち打ち症における西高東低とはなにか。
    5.医療事故は以下の三つに分類することができる。それぞれ簡単な例を挙げて説明せよ。
    ・不可抗力的事故
    ・見かけ上の医療事故
     ・過誤のある医療事故
    6.筋拘縮症において、注射剤のどのような性状が問題となったのか。
    7.生命保険におけるモラルリスクとはなにか。
    8.死亡診断書を書いた患者の遺族から、死因を「気管支喘息」から「急性肺炎」に変更するように依頼された。生命保険がからんでいるようなのだがどのようなことが考えられるか。
    9.縊頸の死体検案をした死者の遺族から死因の種類を「自殺」から「不慮の窒息」に変更するよう求められた。その背景にどのようなことが考えられるか。また、その際の医師の対応としてどのようなことが望まれるか。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    賠償医学 小レポート
    1.自覚的所見と他覚的所見とはなにか。簡単に説明せよ。
    2.大腿四頭筋拘縮症の原因はなにか。
    3.生命保険と損害保険において自殺の取り扱いの違いはなにか。
    4.むち打ち症における西高東低とはなにか。
    5.医療事故は以下の三つに分類することができる。それぞれ簡単な例を挙げて説明せよ。
    ・不可抗力的事故
    ・見かけ上の医療事故
    ・過誤のある医療事故
    6.筋拘縮症において、注射剤のどのような性状が問題となったのか。
    7.生命保険におけるモラルリスクとはなにか。
    8.死亡診断書を書いた患者の遺族から、死因を「気管支喘息」から「急性肺炎」に変更するよう
    に依頼された。生命保険がからんでいるようなのだがどのようなことが考えられるか。
    9.縊頸の死体検案をした死者の遺族から死因の種類を「自殺」から「不慮の窒息」に変更するよ
    う求められた。その背景にどのようなことが考えられるか。また、その際の医師の対応としてどの
    ようなことが望まれるか。
    1:他覚的所見とは本人(負傷者、病人)以外の第三者(医師など)が見てわかる事実のことをい
    う。例としては、レントゲン写..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。