債権回収の方法とその限界

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数462
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    履行強制は、裁判により債務名義を得た上で、直接強制、間接強制、代替執行の方法によってなされる。ただし、この方法は債務者の資力に依存する。
    損害賠償請求も実際に実現するには裁判により債務名義を得る必要があり、債務者の資力に依存する。
    契約解除は裁判外でもなすことができ、これにより契約は消滅する。仮に契約に未履行部分があれば何ら問題はないが、既履行部分についてはやはり債務者の資力に依存する。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <債権回収の方法と限界>

    正攻法としては、債務履行に基づく①履行強制、②損害賠償請求、③契約解除がありうる。
    ① 履行強制は、裁判により債務名義を得た上で、直接強制、間接強制、代替執行の方法によっ
    てなされる。ただし、この方法は債務者の資力に依存する。
    ② 損害賠償請求も実際に実現するには裁判により債務名義を得る必要があり、債務者の資力に
    依存する。
    ③ 契約解除は裁判外でもなすことができ、これにより契約は消滅する。仮に契約に未履行部分
    があれば何ら問題はないが、既履行部分についてはやはり債務者の資力に依存する。

    現実的手段としてはまず、抜け駆け的な債権回収方法がある。す..

    コメント2件

    yamada11 購入
    普通でした。
    2006/12/24 0:10 (10年前)

    putepute 購入
    良かったです。
    2007/04/16 15:45 (9年7ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。