法と経済学:コースの定理ほか

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,743
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    コースの定理とは
    ・ 取引費用がゼロないし低いときには、外部性ないし経済的非効率性は、法律や法ルールがいかなるものであっても、当事者間の取引や合意によって正されるというもの。法によらなくても任意の合意によって外部性の問題が解決されうることを明らかにした。
    ・ 外部性とは、個人や企業の経済的活動が他の人や企業に便益やコストを与えていること。特に騒音や公害はコストを与えているので、外部不経済という(外部性は多くの場合、所有権が曖昧にしか定義されていないことから生じる Ex.空気は誰のものか)。
    ・ コースの定理のもう一つの面は、取引費用が存在するときには、取引費用を小さくする法ルールが選ばれるというものである。
    コースの定理は法律に何を示唆しているか。
    1. 法律やそのルールによらずとも効率的な結果や資源配分を達成しうる。
    →「何事も法律によって解決できるのだという考え方を改めよ」
    2. 取引費用が大きい場合には、市場が機能しないから、司法や裁判制度は資源の効率的な配分を達成するための一手段である。
    →「法と経済学への理論的な

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    法と経済学まとめ課題3
    5(後半)
    コースの定理とは
    ・ 取引費用がゼロないし低いときには、外部性ないし経済的非効率性は、法律や法ルールがいかなるもの
    であっても、当事者間の取引や合意によって正されるというもの。法によらなくても任意の合意によっ
    て外部性の問題が解決されうることを明らかにした。
    ・ 外部性とは、個人や企業の経済的活動が他の人や企業に便益やコストを与えていること。特に騒音や公
    害はコストを与えているので、外部不経済という(外部性は多くの場合、所有権が曖昧にしか定義され
    ていないことから生じる Ex.空気は誰のものか)。
    ・ コースの定理のもう一つの面は、取引費用が存在するときには、取引費用を小さくする法ルールが選ば
    れるというものである。
    コースの定理は法律に何を示唆しているか。
    1. 法律やそのルールによらずとも効率的な結果や資源配分を達成しうる。
    →「何事も法律によって解決できるのだという考え方を改めよ」
    2. 取引費用が大きい場合には、市場が機能しないから、司法や裁判制度は資源の効率的な配分を達成する
    ための一手段である。
    →「法と経済学への理論..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。