法と経済学:法と経済学とは

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数597
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    法と経済学とは
    ・経済学を法律に適用する法学の方法をいう。
    ・法と経済学は、近代経済学の方法を取り入れたものであり、特に市場理論・価格理論を法律の問題や現象、さらには制度に適用しようとするものである。
    伝統的な法学との違い
    1.法と経済学は分析モデルを用いる。
    →伝統法学では、モデル分析に基づいていない。経験的な積上げと判例の分類、直感などが用いられる。
    2.何を判断すべきかを明確にする。
    3.社会的な影響を考慮する。
    →伝統法学においては、法律問題の解決は、法律や法規範、原理や概念の体系の中にあるとされる
    (「法は法である」)と考えている。法は他の何にも、ましてや経済には還元できない(非還元主義)。
    伝統的な法学との違い
    1.法と経済学は分析モデルを用いる。
    →伝統法学では、モデル分析に基づいていない。経験的な積上げと判例の分類、直感などが用いられる。
    2.何を判断すべきかを明確にする。
    3.社会的な影響を考慮する。
    →伝統法学においては、法律問題の解決は、法律や法規範、原理や概念の体系の中にあるとされる(「法は法である」)と考えている。法は他の何にも、ましてや経済には還元できない(非還元主義)。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    法と経済学まとめ課題1(第一章から第五章)

    法と経済学とは
    ・経済学を法律に適用する法学の方法をいう。
    ・法と経済学は、近代経済学の方法を取り入れたものであり、特に市場理論・価格理論を法律の問題や現象、
    さらには制度に適用しようとするものである。
    伝統的な法学との違い
    1.法と経済学は分析モデルを用いる。
    →伝統法学では、モデル分析に基づいていない。経験的な積上げと判例の分類、直感などが用いられる。
    2.何を判断すべきかを明確にする。
    3.社会的な影響を考慮する。
    →伝統法学においては、法律問題の解決は、法律や法規範、原理や概念の体系の中にあるとされる(「法
    は法である」)と考えている。法は他の何にも、ましてや経済には還元できない(非還元主義)。
    法と経済学の利点・意義・可能性
    1.伝統的な法学においてはなしえない新しい考え方が可能(考え方のユニークさ)。
    2.統一性や普遍性がある。
    →伝統的な法学では、ある領域で生まれた理論や学説は、個別的で他の法領域への応用が効かない。こ
    れに対して、法と経済学では、分析モデルや概念は他の法領域でも応用がきく。
    3..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。