[効果実証済]試験対策レジュメ・刑法総論編(構成要件)

会員2,160円 | 非会員2,592円
ダウンロード カートに入れる
ページ数27
閲覧数818
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    構成要件該当性-実行行為
    1-1 不真正不作為犯
    <論証>
    ~したことについてOO罪が成立しないか。同罪は作為の形式で規定されているところ、
    ~という不作為がOO罪の実行行為にあたるかが問題となる。

    思うに、実行行為とは構成要件的結果発生の現実的危険性を有する行為をいう。

    そして、刑法の法益保護機能からすれば、不作為の行為にもかかる危険性が認められれ
    ば実行行為性を肯定すべきである。

    もっとも、不作為の行為は無限に存在することから、かかる危険性があるというだけで
    実行行為性を肯定すると、刑法の自由保障機能が害される。

    そこで、法益保護と自由保障の調和の観点から、不真正不作為犯の成立には一定の限定
    を加えることが必要である。

    具体的には、①行為者に法的作為義務が存在すること、②作為が可能かつ容易であった
    のにしなかったこと、③不作為が作為と構成要件的に同価値であることをみたせば、不真
    正不作為犯として実行行為性が肯定される。

    そして、①法的作為義務は(1)法令、(2)契約・事務管理、(3)慣習・条理によって発
    生すると解する。
    ↓ ..

    コメント1件

    luckchan 販売
    法学部の学部試験(定期試験)で問われる刑法総論の論点を問題・答案形式でまとめました。

    [特長]
    ・司法試験過去問や判例の中から基本的な事例をピックアップ。
    ・矢印で論理の流れが一目瞭然。
    ・右欄に、何について書かれているのかが分かる「一言メモ」を掲載。
    ・10人の学部生にモニター利用してもらい、10人中9人が成績A(優)、1人がB(良)を獲得。

    ※刑法総論の全範囲を網羅したセット版も販売しています(セット版にはこのファイルも含まれています)。
    2008/11/08 19:02 (8年1ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。