憲法:命令的委任

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,776
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    命令的委任とは、議員が特定の選挙区の選挙人団の意見に法的に拘束されることをいう。国会議員に対する命令的委任の制度として、例えば国会議員を任期途中で罷免するリコール制などが挙げられる。
    このような制度を導入する法律を制定することが認められるかどうかは、国民主権の原理における「国民」の意義、憲法43条1項における「全国民の代表」の意義をいかに解するかによって結論が異なる。

    もっとも、かかる政治的代表の考え方は、実在する国民の具体的な意思と議員の意思とが不一致であったとしても一致しているかのように説くことによって、その不一致を覆い隠そうとする一種のイデオロギー的な性格を有していることから、社会構造の複雑化や価値観の多元化に伴い、多様な国民利害や国民意思が国政に反映されるべき必要性が高まった現状に鑑みると、その代表概念として不十分であることは否定できない。
    こうした政治的代表の観念の不十分さを補うためには、国民意思と代表者の意思との事実上の一致をも要請する意味を有する代表概念が必要である。社会学的代表と呼ばれる考え方がこれであり、43条1項が「選挙された」議員が代表資格を有するとしていることから、憲法もかかる代表の意味を予定しているものと解される。
    以上より、43条1項の「全国民の代表」とは、政治的代表という意味に加えて、代表機関は国民の意思をできる限り公正かつ忠実に反映すべきであるという社会学的代表という意味も含むと解する。この見解に立てば、43条1項の「全国民の代表」は、自由委任の原則を明確にした趣旨であると考えられるから、国会議員について命令的委任の制度を導入する法律を制定することは認められないことになる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    命令的委任とは
    命令的委任とは、議員が特定の選挙区の選挙人団の意見に法的に拘束されることをいう。国会議員に
    対する命令的委任の制度として、例えば国会議員を任期途中で罷免するリコール制などが挙げられる。
    このような制度を導入する法律を制定することが認められるかどうかは、国民主権の原理における
    「国民」の意義、憲法43条1項における「全国民の代表」の意義をいかに解するかによって結論が異
    なる。したがって、以下それぞれについて検討する。
    全国民の代表の意義
    43条1項にいう「全国民を代表する選挙された議員」における「代表」とは、いかなる意味で捉え
    られるべきであろうか。
    この点、日本国憲法..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。