割れ窓(ブロークンウィンドウズ)理論について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,372
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「割れ窓(ブロークンウィンドウズ)理論」とは、1982年、政治学者ジェームス・ウィルソンと犯罪学者ジョージ・ケリングの共著「Broken Windows」にて提唱された理論である。
     例えば、ビルの窓ガラスを割れたままに放置すると、さらに他の窓も割られ、次第にその建物自体が壊されたり、落書きされたりして廃墟と化していく。そのような建物があちこちに見られるようになると、犯罪者や非行少年、薬物中毒者の溜まり場となり、危険地帯となり、地域社会全体が荒廃し、治安が悪化するというものである。
     つまり、「割れ窓理論」は、窓が壊されたような些細な事柄でも放置することなく、すぐに修復してきれいな窓を保持することが建物を健全に維持するのに必要であるという議論で、地域社会において犯罪をなくす最善の方法は、落書き、物乞い、ごみの放置や、壊れた建物等の無秩序を、前もって手を打ち、その芽のうちに摘む事だと言うものだというものなのである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    犯罪学 課題レポート
    「割れ窓(ブロークンウィンドウズ)理論」とその実践
    (1)「割れ窓(ブロークンウィンドウズ)理論」とは
    「割れ窓(ブロークンウィンドウズ)理論」とは、1982年、政治学者ジェームス・
    ウィルソンと犯罪学者ジョージ・ケリングの共著「Broken Windows」にて提唱された理論
    である。
    例えば、ビルの窓ガラスを割れたままに放置すると、さらに他の窓も割られ、次第にそ
    の建物自体が壊されたり、落書きされたりして廃墟と化していく。そのような建物があち
    こちに見られるようになると、犯罪者や非行少年、薬物中毒者の溜まり場となり、危険地
    帯となり、地域社会全体が荒廃し、治安が悪化するというものである。
    つまり、「割れ窓理論」は、窓が壊されたような些細な事柄でも放置することなく、すぐ
    に修復してきれいな窓を保持することが建物を健全に維持するのに必要であるという議論
    で、地域社会において犯罪をなくす最善の方法は、落書き、物乞い、ごみの放置や、壊れ
    た建物等の無秩序を、前もって手を打ち、その芽のうちに摘む事だと言うものだというも
    のなのである。
    この理論が提唱された背..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。