事務事業評価、業務棚卸、ベンチマーク

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数813
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    論題 事務事業評価、業務棚卸、ベンチマークについて知っていることをまとめよ。
    ⑴ア 「事務事業評価」とは、自治体が行う事務事業の効果を、出来るだけ客観的な数値
    (指標)で表し、評価を行い、改善すべき点を明確にし、次年度以降の事務事業に反
    映させる手法をいう。
    イ 「事務事業評価」の特色は以下の2つであ る。第1に、政策体系との結びつきを把
    握することができる。自治体が行う事務事業は、自治体の総合計画のまちづくりの大
    きな目標、例えば「福祉の向上」、「教育の充実」、「環境の保全・向上」などを達成す
    るための手段となる。この位置付けを明確にすることで、事業を明確に整理すること
    が可能となり、将来的には、まちづくりへの貢献度やそれに基づく優先度などを評価
    できるようになるのである。第2に、成果指標を設定・把握することができる。すな
    わち、事業の目的達成度を成果指標によって数値的に、客観的に把握することができ
    るのである。
    ウ 「事務事業評価」を活用するに際しての留意事項としては、①評価対象は、原則的
    に総合計画のすべて基本施策、事業、事務とすること、②評価結果や評価の過程を市
    民に分か..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。