行政学レポート_行政の不作為責任

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数2,629
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    行政学レポート
    論題:行政の不作為責任について。
    1 不作為の責任とは、行政庁が行政上の規制権限を行使しなかったために、国民に損害が生じ
    た場合において、行政庁が負う責任のことである。具体的には、国家賠償法1条に基づく国家
    賠償責任である。
    しかし、かかる責任を追及するには、①反射的利益論、②行政便宜主義という障害がある。
    2 ①反射的利益論とは、行政上の取締りは、一般に抽象的な公益の実現のために行われるもの
    で、それによって受益する個々人のために行われるものではないから、取締り行政の結果、個々
    人が受ける利益は、権利ではなくいわゆる反射的利益にすぎないという法理である。
    ②行政便宜..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。