行政学レポート_官僚制

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数2,535
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    行政学レポート
    論題: 官僚制について説明した上で、現在、官僚制がかかえる問題点について説明せよ。問題点
    に対する解決策があれば、その点にも触れること。
    1 定義
    官僚制とは、一般には、頂点に独任制の長を置き、その下に階統制(ヒエラルヒー)構造を
    持つピラミッド型の組織体系のことをいう。
    2 近代官僚制の仕組み
    ⑴ 官僚制を近代社会における組織一般に適用される概念として位置づけたのは、ウェーバー
    である。
    ウェーバーは、近代における官僚制を、資本主義を徹底するために生まれた合理的管理運
    営体系と位置づけた。
    ⑵ 近代官僚制の目的は、資本主義の根本理念である「できるだけ無駄を省き、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。