民法総論 学部学年末試験対策レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数951
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    第一問 次の(ア)(イ)(ウ)の組み合わせとして正しいものを選べ。
    市民社会において、人が権利を取得したり、義務を負うのは、自らの意思でそれを望んだときだけであるとされる。これは(ア)と呼ばれる原則であり、民法の指導原理のひとつである。民法の指導原理としては、この他に(イ)や、自らに落ち度がなければ責任を負わないという(ウ)があり、(ア)、(イ)、(ウ)をあわせて民法の三大原則と呼ぶ。
    (ア)所有権絶対の原則(イ)私的自治の原則(ウ)報償責任の原則
    (ア)所有権絶対の原則(イ)私的自治の原則(ウ)過失責任の原則
    (ア)私的自治の原則 (イ)所有権絶対の原則 (ウ)過失責任の原則
    (ア)私的自治の原則(イ)所有権絶対の原則(ウ)報償責任の原則

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    民法総論 学部学年末試験対策レポート
    第一問 次の(ア)(イ)(ウ)の組み合わせとして正しいものを①~④から選べ。
    市民社会において、人が権利を取得したり、義務を負うのは、自らの意思でそれを望んだときだけであ
    るとされる。これは(ア)と呼ばれる原則であり、民法の指導原理のひとつである。民法の指導原理と
    しては、この他に(イ)や、自らに落ち度がなければ責任を負わないという(ウ)があり、(ア)、(イ)、
    (ウ)をあわせて
    民法の三大原則と呼ぶ。
    ①(ア)所有権絶対の原則(イ)私的自治の原則(ウ)報償責任の原則
    ②(ア)所有権絶対の原則(イ)私的自治の原則(ウ)過失責任の原則
    ③(ア)私的自治の原則 (イ)所有権絶対の原則 (ウ)過失責任の原則
    ④(ア)私的自治の原則(イ)所有権絶対の原則(ウ)報償責任の原則
    第二問 次のア、イはある概念の定義である。この定義の組み合わせとして正しいものを①~④から選
    べ。
    ア 自分の意思に基づかずに、自分の財産を失わないという権利者の期待への保護のことをいう。つま
    り、真
    の権利者の保護である。
    イ 一定の正当な期待を抱いて取引に入っ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。