算数科指導法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数253
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「算数科における基礎・基本とは何か。また,基礎・基本の確実な定着を図るための指導上留意することについて述べよ。」
    1.はじめに
     現代は,新しい知識・情報・技術など,あらゆる領域での活動の基盤として,急速に重要性を増す,いわゆる知識基盤社会と言われている。このような知識基盤型社会では,良い人材を確保するため国際競争を加速させている。その反面,異文化の共存や協力が必要な社会ともなっている。日本ではOECDのPISA調査などの結果から,児童生徒は,①思考力・判断力・表現力等を問う読解力や記述式問題,知識・技能を活用する問題に課題
    ②読解力で成績分布の分散が拡大しており,その背景には家庭での学習時間などの学習意欲,学習習慣・生活習慣に課題 ③自分への自信の欠如や自らの将来への不安,体力低下といった課題が見られる。
     そのため中央教育審議会は,国の教育課程の基準全体の見直しを検討し,その結果①改正教育基本法等を踏まえた学習指導要領改訂,②「生きる力」という理念の共有 ③基礎的・基本的な知識・技能の習得 ④思考力・判断力・表現力等の育成 ⑤確かな学力を確立するために必要な授業時数の確保 ⑥学習..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。