老人福祉論Ⅱ-1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数375
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    通信教育のレポートです。あくまで参考にお願いします。一部変えただけや、そのまま写したりは、違反になり処罰の対象となります。
    老人福祉論Ⅱ-1
    ボランティアの供給主体の特徴や問題点、今後の課題についてまとめています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1課題
     ボランティアの供給主体の特徴や問題点、今後の課題についてまとめなさい。
     高齢者にとって、ボランティアに参加する事は、高齢期を充実したものにし、生きがいある生活の実現の為にも重要と考えられるが、このボランティア活動の特徴と問題や課題について述べる。特徴としては、個人の自発的な活動であり、制度的なサービスでは用意されていないサービスが多い。その為、友愛訪問の様に、高齢者の孤独感の解消や安否確認を中心とした活動が多い。活動上の問題点は、厚生労働省が行った全国ボランティア活動者実態調査(平成8年3月)によると、活動者側から見た問題点として、様々な回答があった。その中でも上位5つの意見の中に「活動と仕事、家事、学業等との時間的な調整が難しい・活動中の事故が心配である・活動に必要な知識や技術を習得する機会が得られない」があった。これは、ボランティア活動継続の困難さや活動内容によっては専門性の確保の困難を表わしている。実際、自発的な運動である為、ボランティア活動の継続や、質の向上を目指すのは難しい。その為、今後の課題としては、活動を支援している関係機関(社会福祉協議会等)との連絡体制を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。