老人福祉論Ⅰ-1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数311
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    通信教育のレポートです。あくまで参考にお願いします。一部変えただけや、そのまま写したりは、違反になり処罰の対象となります。
    老人福祉論Ⅰ-1
    三世代世帯、高齢者夫婦のみ世帯、単独世帯はそれぞれどのような高齢者の介護問題が考えられるのか、世帯ごとに説明しています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1課題
    三世代世帯、高齢者夫婦のみ世帯、単独世帯はそれぞれどのような高齢者の介護問題が考えられるのか、世帯ごとに説明しなさい。
     はじめに、国勢調査でわが国の家族構成比の推移を見ると「65歳以上の高齢者のいる世帯」の最も多い家族形態は従来の「三世代世帯」から「夫婦のみ世帯」へと逆転している。更に「単独世帯」の割合も着実に伸びており、夫婦のみの世帯と単独世帯を合計した割合は、65歳以上の高齢者のいる世帯の中で約半数を占めるている。この事からわが国は、少子・高齢化、更に長寿化につれ高齢者の介護問題が更に深刻になっている事が伺える。
     そこでまず、現在高齢者世帯の約半数を占めている夫婦のみの世帯と単独世帯の介護の問題点について述べる。単独世帯の利点は高齢者自身のライフスタイル中心に日々が送れるということである。同居者がいない為、同居者に気兼ねなく伸び伸びと暮らせる。反面、料理や洗濯、掃除など日常の家事を全て、一人でこなさなければならない困難が伴う。それは、高齢になるにつれ、より深刻な問題になっていく。そして、緊急時にどう対応するかという重要課題がある。高齢者夫婦のみ世帯も、子世代に世話にな..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。