精神保健福祉論2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数284
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    通信教育のレポートです。あくまで参考にお願いします。一部変えただけや、そのまま写したりは、違反になり処罰の対象となります。精神保健福祉論2(現代の日本における人権上の問題や課題について、具体例を挙げて述べています。)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第2課題
     現代の日本における人権上の問題や課題について、具体例を挙げよ
     人権問題やその課題について考えるとき、憲法13条の「個人の尊重と公共の福祉」並びに憲法25条の「生存権、国の社会保障義務」をしっかり把握していくことが大事である。
     なぜなら人権問題や課題について考えるとき、その発展のプロセスにはいくつかの段階や共通の特徴があるからである。大きく整理すると、富める者が、貧しい者へ、憐れみ・同情として施しを与える「慈善救済から、権利としての社会福祉」へ、制限を伴った「最小限の国家的な救貧」から、国民の「いのち・健康・暮らし」を積極的に総合的に支えていく「福祉施策の拡大・展開」へ、「社会から分断・隔離する施策」から、「地域の中で暮らしていく」ことの条件・環境づくりへ発展してきたと思われる。人権問題やその課題すなわち、社会福祉の創造的展開の歴史は、民衆が、権力側の恣意的で消極的な「慈恵」や「恩恵」の救貧政策に抵抗し、自ら権利を主張していくことによって実現してきたものである。国民が自ら変えようとしなければ、慈善事業から社会福祉に至る発展はありえなかった。また生活保障についての権利性や公..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。