精神保健福祉援助技術各論1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数503
ダウンロード数23
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    通信教育のレポートです。あくまで参考にお願いします。一部変えただけや、そのまま写したりは、違反になり処罰の対象となります。精神保健福祉援助技術各論1(精神障害者を対象としたケーズワークに関することについて、自分自身の視点で論点を探しそれについて論じています。)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1課題
    精神障害者を対象としたケーズワークに関することについて、あなた自身の視点で論点を探しそれを論ぜよ。
     ケースワークは、ソーシャルワークの援助方法の中で最初に確立し、最も基本的な援助技術として位置づけられている。ケースワークの目的は、個人(その家族を含む)を対象とし、社会福祉サービスの提供および社会資源の活用により、個人の福祉ニーズの充足と社会的生活の回復・実現に目標を置くものである。
     この個人の福祉ニーズを適確に把握し、質の良い援助を実践する為にはどうすればよいのだろうか。
     バイスティックは、「ケースワークの原則」の中で、「ケースワーカーとクライエントのあいだに築かれる援助関係は、人間に共通する特徴に関する知識と一人一人の個人に関する理解の両者を媒介にして形成されるものである。すなわち、関係を形成する具体的な技術を抜きに、知識だけでは援助関係を十分に形成することはできない」と述べている。これは、よりよい援助関係を築く上で、知識同様に技術向上が欠かせない事を意味する。
     精神保健福祉士は、精神病に関する専門的な知識を持っている。それだけに、例えば、この利用者は統合失調症だか..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。