精神科リハビリテーション学3

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数442
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    通信教育のレポートです。あくまで参考にお願いします。一部変えただけや、そのまま写したりは、違反になり処罰の対象となります。精神科リハビリテーション学3
     精神科リハビリテーションの視点から、自助グループの機能について述べよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    精神科リハビリテーション学3
     精神科リハビリテーションの視点から、自助グループの機能について述べよ。
     リハビリテーションモデルは、リハビリテーション場面で工夫された方式で、主にボストン大学で理論化された。ストレングスモデルと同様に、精神保健システムによって定められた目標より、利用者のニーズに基づいたより優れたサービスを提供することの重要性を強調する。
     そのため、精神科リハビリテーションは、利用者の障害だけに注目するのではなく、その能力の向上や環境側の改善にも焦点を当てることに注目し人間中心の支援方法であるとされている。利用者のもっている潜在能力や社会生活技能訓練(SST)を用いた生活技能の獲得に力を注ぎ、利用者のケアマネジメント過程への積極的な参加を促し、リカバリー(回復)を重視する。
     ここでは、精神科リハビリテーションの一つでもあり、地域生活を維持・発展するための援助・協力を行う機関のセルフヘルプサービスについて記述する。これは、集団精神療法の一つでもあり精神障害者がリカバリーしていくのに効果が期待されている。しかし、なぜ、グループなのか、集団なのかというと、人間は集団の動物..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。