精神科リハビリテーション学2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数348
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    通信教育のレポートです。あくまで参考にお願いします。一部変えただけや、そのまま写したりは、違反になり処罰の対象となります。精神科リハビリテーション学2精神科病院で行われるリハビリテーションにおいて、精神保健福祉士の役割について述べられています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    精神科リハビリテーション学2
     精神科病院で行われるリハビリテーションにおいて、精神保健福祉士の役割について
     精神保健福祉士は、1997(平成9)年12月12日、第141回臨時国会において可決され、1998(平成10)年4月1日より施行されている精神保健福祉士法(平成9年12月19日法律第131号)に定められた国家資格である。新しい国家資格である精神保健福祉士が創出された当時の背景には様々な要因があった。
     第1には、わが国では精神障害者の社会復帰の促進を図ることが重要課題となっていたということである。
     第2の背景としては、精神保健福祉士のモデルとなったこれまでの精神科ソーシャルワーカー(PSW)の実践が社会的に評価されてきたことである。いまや精神科ソーシャルワーカー(PSW)は精神科病院などの医療機関において医療相談室を開設し、病棟や外来を担当し、デイケアやナイトケアのスタッフとしても配置が進みその業務も入院前の相談(受診受療援助・入院援助)、入院中の援助、退院に向けての日常生活能力の訓練、家族関係の調整、退院後の援助、人権擁護、地域活動などと幅を広げ、いまや医療機関には不可欠な..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。