社会福祉学Ⅱ-1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数845
ダウンロード数23
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    通信教育のレポートです。あくまで参考にお願いします。一部変えただけや、そのまま写したりは、違反になり処罰の対象となります。社会福祉学Ⅱ-1 第1課題   現代社会において社会福祉実践はどのようになされるか、またなされるべきか。これを、福祉ミックスの考え方を中心に述べています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1課題
     現代社会において社会福祉実践はどのようになされるか、またなされるべきか。これを、福祉ミックスの考え方を中心に論述しなさい。
     わが国は、以前から、福祉の市場化には批判的だった。これは、利己心を基礎とした効率と利益を追求する市場型サービスの供給では、福祉サービスの本来の目的が見失われると考えられていた為と推測する。しかし、現代では、わが国において福祉の市場化が進められている。なぜなのか。福祉を供給する方法も、民間から非営利組織まで様々に広がってきている。それでは、社会福祉実践は、一体どの様に行われるのが良いのか考察していく。
     リチャード・ローズは「福祉国家:東と西」(1986)のなかで、福祉は政府、市場、家族の三つの部門で補完的に供給されているとみなし、福祉ミックス(welfare mix)という表現を命名したと言われている。現在、福祉ミックスあるいは福祉複合主義(welfare pluralism)とは一般的に、公、民(市場)、そしてインフォーマル部門の最適組み合わせであるといわれている。インフォーマル部門に入るのは、非営利組織や家族と考えられており、インフォーマルシステ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。