社会福祉援助技術論Ⅱ-4

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数422
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    通信教育のレポートです。あくまで参考にお願いします。一部変えただけや、そのまま写したりは、違反になり処罰の対象となります。 社会福祉援助技術論Ⅱ-4 第4課題 
    介護保険制度におけるケアマネージャーの役割と今日的課題について述べています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第4課題 
     介護保険制度におけるケアマネージャーの役割と今日的課題について考究せよ。
     ケアマネジメントとは、様々な社会福祉サービスを提供するに当たって、よりよい調整を図る取り組みのことである。ケアマネジメントが生まれた背景には、アメリカやカナダにおける精神保健プログラムや老人福祉分野で、制度を利用することが困難な状態にある利用者に、適切な時期に適切な状態で、必要とするすべてのサービスを受けられるように各サービスの調整を図ることを目的とするためと、政府の費用の抑制という要求に対する行政府の応答としての経緯が存在する。イギリスでは、高齢者の在宅生活の継続のためにケアマネジメントを実施し、施設入所比率を減少させることをひとつの目的とし、1990年の「国民保健サービス及びコミュニティ・ケア法」を根拠に、地方自治体社会福祉局の有資格ソーシャルワーカーがケアマネージャーとなりケアマネジメントを行うこととなった。ケアマネジメントによる援助の目的は、自分の人生を自分で責任をもって決定していくという考え方であり、生活モデルでの自立であり、同時にその自立を支えることにある。
     次に、日本で介護保険下の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。