社会福祉援助技術論Ⅱ-3

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数535
ダウンロード数18
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    通信教育のレポートです。あくまで参考にお願いします。一部変えただけや、そのまま写したりは、違反になり処罰の対象となります。社会福祉援助技術論Ⅱ-3 第3課題 
    統計調査と事例調査それぞれの長所、短所について述べています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第3課題 
    統計調査と事例調査それぞれの長所、短所を述べなさい。
     社会福祉調査法は社会調査の一つである。社会福祉調査法は福祉ニーズを明らかにするとともに、社会福祉施策や実践活動の向上・科学化に貢献してきた。社会福祉調査法の種類は、統計調査と事例調査に大別される。ここでは、この二つの長所・短所などについて述べていく。
     統計調査とは、数量的に表すことができるデータを収集するもので、平均、度数分布、比率、相関係数、統計的検定などの統計技法を用いて社会事象を分析、記述する調査法である。統計調査は、調査対象の範囲によって、対象に決められた調査単位をすべて調べる悉皆調査(全数調査ともいう)と、調査単位を一部に限定したうえでその結果から全体を推測する一部調査(部分調査ともいう)に分けることができる。それぞれの長所・短所は、全数(悉皆)調査の長所は正確ということであり、短所は手間がかかる事である。一部(標本)調査の長所は手間が省ける事であり、短所は全数より不正確ということである。さらに、統計調査は現地調査の方法から、配票調査、集合調査、郵送調査、個別面接調査、電話調査などに分類できる。同じく、長所..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。