社会福祉援助技術論Ⅱ-2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数446
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    通信教育のレポートです。あくまで参考にお願いします。一部変えただけや、そのまま写したりは、違反になり処罰の対象となります。社会福祉援助技術論Ⅱ-2  第2課題  認知症及び病弱高齢者に対する援助の視点と援助技術のポイントについて述べています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第2課題 
     認知症及び病弱高齢者に対する援助の視点と援助技術のポイントを述べなさい。
     はじめに認知症及び病弱高齢者に対する援助の視点と援助技術のポイントを述べる前に、高齢者への個別援助における基本的視点を述べる。それは、まず高齢者への多様性と個性の理解をする。高齢者や家族の過去の出来事に対する主観的な「思い」も傾聴し共感的な理解を深めることや生命・生活の質(QOL)の維持・向上に努め、予防と自立を支援していく。また家族からの支援と家族への支援など、高齢者と家族の双方の生活の質を維持させていく複眼的視点や生活の継続性とノーマライゼーションといった、可能な限り生活の継続性を維持するよう配慮する。他にも、高齢者の生きがいの創造と自己実現に向けた支援を積極的に行ったり、高齢者への個別援助には、利用者の意思を本人に代わって表明する代弁的機能やその権利を保障する権利擁護機能がとりわけ重要になるということなどがあげられる。
     ここでは、それらの基本的な視点に加えさらに認知症及び病弱高齢者の場合、特に留意する援助の視点と援助技術のポイントについて述べていく。
     まず、認知症及び病弱高齢者に対する援..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。