社会福祉援助技術論Ⅰ-4

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数568
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    通信教育のレポートです。あくまで参考にお願いします。一部変えただけや、そのまま写したりは、違反になり処罰の対象となります。社会福祉援助技術論Ⅰ-4(人と環境との交互作用とは何かについて、説明しています。)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会福祉援助技術論Ⅰ-4
    人と環境との交互作用とは何か、説明しなさい
     一般システム論(諸科学の理論や技術を包摂する一般的枠組み)は優れた論理性と分析性をもつが、限界や問題点もいくつか指摘できる。太田義弘の指摘する一般システム論の問題点をまとめると次のようになる。①無機質であり、機械的であること、②価値観が不在であること、③高度に抽象的であり、具体性に欠けること、④論理性、分析性はもつが、実態的感覚がもてないこと、⑤人為的であり、自然性に欠けること。これらの欠点を補う新たな視点として、ジャーメイン(C,Germain)とギッターマン(A.Gitterman)は、生態学を主な基礎理論とした「生活モデル」のソーシャルワークを体系化した。生活モデルでは、「人と環境の交互作用(transaction)」に焦点を当てている。生態学とは、1866年、ドイツの動物学者ヘッケル(Haeckel,E.H.)によって命名されたもので、1920年ごろまでに科学と認められるようになった学問である。ここでは、生態学的アプローチである、生活モデルの説明をしながら「交互作用」という概念について考察していくとする。
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。