社会福祉援助技術論Ⅰ-2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数393
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    通信教育のレポートです。あくまで参考にお願いします。一部変えただけや、そのまま写したりは、違反になり処罰の対象となります。社会福祉援助技術論Ⅰ-2(インテーク面接では傾聴することが大事であると言われているが、傾聴とは何か、具体的に説明をしている。)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会福祉援助技術論Ⅰ-2
     インテーク面接では傾聴することが大事であると言われているが、傾聴とは何か、具体的に説明しなさい。
     インテークの狙いは、利用者の主訴を傾聴し、問題の明確化を図る事、援助者の役割と援助者の所属機関・施設のサービス内容の明確化、当面一緒にとり組んでいく課題を確定し、利用者の機関で援助を受けようとする申請意思の確認等があげられる。仮に、自らの機関が十分に援助できない場合には、他機関への送致や紹介も視野に入れる必要もある。この様に、インテークでは、相手の抱えている問題点、隠された問題点などを明らかにする事が目的の為、面接のあり方が、大事となってくる。その中でも、信頼関係を築き、問題を明確化する為にも、特に傾聴が重要と思われる。それでは、一体どの様な態度で傾聴すればよいのだろうか。例えば、利用者からしてみると、「聞いています」という反応が見られない援助者に対しては、不安や空しさを感じ、話す意欲も低下するのではと思われる。更に、問題なのは、信頼関係を築けない事により、問題の明確化すなわち適確な福祉ニーズの把握が出来ずその支援も困難にしてしまう。逆に深い理解が出来ていると..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。