社会福祉援助技術論Ⅰ-1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数413
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    通信教育のレポートです。あくまで参考にお願いします。一部変えただけや、そのまま写したりは、違反になり処罰の対象となります。社会福祉援助技術論Ⅰ-1(社会福祉援助技術では、人間を社会的存在として捉える視点が必要といわれるが、それはどのようなことをいうのか説明している。)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会福祉援助技術論Ⅰ-1
     社会福祉援助技術では、人間を社会的存在として捉える視点が必要といわれるが、それはどのようなことをいうのか説明しなさい。
     
     社会援助技術は、「人」を対象とした社会的技術が中核となる。援助技術のなかには、個人や集団だけではなく、地域社会への働きかけや、その他の構成要素も含まれている。しかし、地域社会への働きかけについても、そこで生活する人々、働く人々すなわち「人」が実際には対象となる。援助技術全体が「人」に関わっているといえる。そして、社会福祉援助技術の目的は、人(利用者)の抱えている福祉ニーズを見極め、それに適合する福祉サービスを結びつける事である。そしてその事により、社会福祉という価値実現の為の方法と理解されるべきである。社会福祉とは人々が豊かな社会生活を享有出来る様に、その条件を改善・維持・向上する考え方やアイデアの総称、つまり、施策を具体化した制度であると考えられている。この事から、その社会福祉援助技術の目標は利用者の自己実現を支援するという実践そのものといえる。その為、社会福祉援助の基本は、利用者を無視した援助者側の一方的な介入ではなく、援助の意味..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。