児童福祉学Ⅱ社会的養護について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数646
ダウンロード数24
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    通信教育のレポートです。あくまで参考にお願いします。一部変えただけや、そのまま写したりは、違反になり処罰の対象となります。社会的養護とは何かをまとめ、このことから子どもの自立支援において求められることについて、自分の考えを含めて論じています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     社会的養護とは何かをまとめ、このことから子どもの自立支援において求められることについて、自分の考えを含めて論じなさい。
     児童は成長発達の過程にあり、心身ともに未熟であるが、未来の可能性や創造性を内に秘めている。そのため、おとなの倫理や社会の既成概念では律し得ない個性や生活領域を持っている。そのこと自体をおとなと異なる独自性をもつ存在と認め、それを尊重して、本来的な創造性や個性の自由な発展を図ってやることが必要である。
    このような児童観は、わが国の児童憲章や国際連合の「児童権利宣言」(1959年)、「児童の権利に関する条約」(1989年)の中で、より具体的に明確化されている。これらの条文には児童の権利を基本的人権として捉え、人権の保障および児童の最善の利益についての考慮を強く打ち出されている。すなわち、「児童の権利に関する条約」は児童が健全な人格形成と発達をなす為には、まず児童の最善の利益を考慮して、愛情と理解のある父母ならびに家庭環境の下で成長することが重要条件であること、そして、児童が個人として生活するために社会が十全な環境を整えることが大切である事を明記している。
     わが国にお..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。