児童福祉学(児童福祉における「子どもの権利擁護」の内容を整理し、今後の展望も含めて論じなさい。)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,008
ダウンロード数27
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    通信教育のレポートです。あくまで参考にお願いします。一部変えただけや、そのまま写したりは、違反になり処罰の対象となります。児童福祉学:児童福祉における「子どもの権利擁護」の内容を整理し、今後の展望も含めて論ています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     児童福祉における「子どもの権利擁護」の内容を整理し(特に児童福祉施設において、どのように「子どもの権利擁護」の実践がなされているのか)、今後の展望も含めて論じなさい。
     児童の権利に関しては、1960年代から70年代にかけての種々の人権運動との関連で国際的にも大きな関心事となり、国連は79年を「国際児童年」として児童の権利への喚起と促進を目指した。そして、1989年国連では「児童の権利に関する条約」を採択した。この条約の採択は、36カ国の代表からなる人権委員会児童人権条約作業小委員会による10年間に及ぶ検討を経た結果であった。この事により権利条約以降、子どもの権利について、19世紀まで中心的概念であった「児童救済・児童保護・児童福祉」に加え「社会の参加者である児童・市民の構成員としての児童」という新たな要素と方向性が加えられた。
     ここでは、わが国の子どもの権利擁護がどの様に展開されてきているかを中心に述べていく。
     わが国が子どもの権利条約に批准したのは、1994(平成6)年である。185カ国中158番目の批准国となった。
    戦前における、わが国の児童福祉では、子どもは親の私有物ある..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。