医学一般(わが国の公衆衛生上の問題点を掲示し、その対応策について論ぜよ)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,445
ダウンロード数29
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    通信教育のレポートです。あくまで参考にお願いします。一部変えただけや、そのまま写したりは、違反になり処罰の対象となります。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     わが国の公衆衛生上の問題点を掲示し、その対応策について論ぜよ
     公衆衛生という概念は一般的に「国や自治体等の行政機関の責任で行われる疾病予防や健康増進などの人々の健康を守る為の活動」とされている。定義としては、世界的にはウインスロー(Winslow,C.E.A.)によるものが有名で「公衆衛生とは、組織化された地域社会の努力を通して行われる疾病の予防や寿命の延長、身体的及び精神的健康の向上のための科学と技術である」とされている。「予防」の概念であるが、現在は、一次予防から二次予防、三次予防に至るまでの包括的医学・医療の時代といわれている。一次予防とは、衣食住などを中心とする基本的に健康維持増進に関わる事項についての予防であり、例えば、禁酒、禁煙、減塩といった事を自ら守るというセルフケアを意味し、行政としては、生活環境、居住環境、労働環境等が関わってくる。二次予防は、病気の早期発見、早期治療、合併症、後遺症の予防であり、行政としてはその様な予防対策の援助、整備があり、防疫対策が含まれる。三次予防は早期の社会復帰、すなわちリハビリテーションである。ここでは、一次予防の健康維持増進に焦点を当..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。