医学一般(リハビリテーション医療の実施意義とその評価について論ぜよ。)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数1,262
ダウンロード数31
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    通信教育のレポートです。あくまで参考にお願いします。一部変えただけや、そのまま写したりは、違反になり処罰の対象となります。リハビリテーション医療の実施意義とその評価について述べています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     リハビリテーション医療の実施意義とその評価について論ぜよ。
     「リハビリテーション医療」は20世紀後半に起こった二つの世界大戦の結果、多数の戦傷病者が生み出され終戦後、世界各国が自国の戦傷病者の治療に全力を注いだ事により、急速に発展してきた分野である。その後、交通事故、労働災害などの外傷に対する治療法も進み、世界の疾病構造は大きく変化した事もあり、当初は、予防・治療・医学に続く「第三の医学」として位置づけられていた。現代は、医療技術の発達による疾病構造の変化、医療の質の変化などに加え、社会的に弱い立場におかれやすい人々に対する人権擁護の活動などとの影響を受け「ノーマライゼーションと社会参加」を目指す為の「リハビリテーション医療」として位置づけられている。すなわち「障害者であっても、健常者同様、あたりまえの人間としての尊厳を有し権利を享受し、社会生活や家庭生活を営めるようになる」という事を目指すものである。リハビリテーションをアメリカの全国リハビリテーション評議会は「障害者が身体的・心理的・社会的・職業的・経済的有用性を最大限に回復すること」(1941年)と定義し、WHO(1968)は..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。