発達心理学(心の理論)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数1,090
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    通信教育のレポートです。あくまで参考にお願いします。一部変えただけや、そのまま写したりは、違反になり処罰の対象となります。心の理論における「二次的信念の理解」は児童期に達成される課題といわれているが、具体例を創作してそのことを説明したもの。また、「二次的信念の理解」の発達的意義について述べています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     心の理論における「二次的信念の理解」は児童期に達成される課題といわれているが、具体例を創作してそのことを説明しなさい。また、「二次的信念の理解」の発達的意義について述べなさい。
     発達課題とは人が社会的に健全に幸福で成長する為に、乳幼児期から老年期までのそれぞれの発達段階で習得しておかなければならない課題をいう。ここでは、特に児童期における発達課題について触れていく。
     ピアジェは、認知の発達段階を構造的に整理した。そのなかで、ピアジェは認知発達をシェマの変化の過程としている。シェマとは認知構造のことであり、年齢と共に質的に変化する。特に、学齢期に入った児童における変化は特に著しいとされる。なぜなら、幼児期に子どもは感覚や運動の経験を通して、物事を直感的にまた、自己中心的に理解するが、学童期すなわち児童期には子どもの思考力は質的な転換を遂げるからである。すなわち、児童期の間に現実をより客観的に、また、科学的に理解する力が培われ、子どもは、自分自身を客観的に見ることができるようになるのである。これには、心の理論における「二次的信念の理解」が大きく関係している。
     心の理論とは、アメリカ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。