介護概論「介護において人権を尊重するいう意味について」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数853
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    通信教育のレポートです。あくまで参考にお願いします。一部変えただけやそのまま写したりは、違反になり処罰の対象となります。介護において人権を尊重するいう意味を具体的に述べたものです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「介護において人権を尊重するいう意味を具体的に述べなさい。」
     福祉とは、人間らしく生き続けていく状況を、日々の暮らしの中で創り出すことである。もっと端的にいうと「しあわせ」ということである。人がしあわせに「生きる」ということはただ生きていることではなく、自分の意思で生きていくことである。そして、人間らしく、主体者として快い暮らしの実現が阻害されたり、脅かされることのないように、社会的に制度や政策を展開していくことが社会福祉である。 
     日本国憲法第25条に①すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。②国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。...とある。社会福祉の領域でもある介護とはまさに、人権として健康で文化的な少なくとも最低の生活が可能であるような自立を促す方法である。さらに、憲法第25条にとどまらず、憲法第13条も含め、介護の目的は「利用者の自立」であり、安全でその人らしく快適に暮らせるように利用者のできないところを補うという形で日常生活を支えていくことである。このように、介護は単なる技術にとどまら..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。