【テスト】佛教大学 日本国憲法 6題セット 合格済み

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数1,958
ダウンロード数120
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    A6109 日本国憲法
    『校則と自己決定権・・・』
    『法の下の・・・』
    『報道の自由と・・・』
    『表現の自由の・・・』
    『信教の自由と・・・』
    『私人間における・・・』
    『校則と自己決定権について論じなさい。』
    個人が一定の私的事項について権力の介入・干渉を受けずに自ら決定することができる権利を、「自己決定権」と呼ぶ。自己決定権に属する事例としてあげられるものには、各人のライフスタイルにかかわるものが多くあり、例えば、髪型・ひげ、服装、性的行動、婚姻の自由や離婚の自由、堕胎の自由や出産の自由などである。学校の校則は自己決定権を侵さないかどうかが特に問題となっており、結審した判例では「修徳高校バイク退学処分事件」ある。この事件は校則で禁止されていた免許をとりバイクに乗車したことを理由に退学処分を受けた原告が損害賠償を求めた事件である。判決ではこの校則が憲法違反であるという主張は退けられ、退学処分については裁量権の範囲を逸脱した違法な処分であるとしている。この他「修徳高校パーマ退学処分事件」でも校則自体は違法ではないとの判決がでている。これらの判決から校則はそれなりの合理性を含むものであり..

    コメント1件

    スズキヨ 販売
    この資料が学習のお役に立ちましたら、推薦ボタンをぜひとも押してください。
    2009/09/25 15:58 (7年2ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。