【テスト】佛教大学 学校教育課程論 6題セット 合格済み

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数2,411
ダウンロード数145
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    学校教育課程論
    『学習指導要領の変遷を見るに・・・』 
    『新学習指導要領で・・・』
    『新学習指導要領に対して・・・』
    『今回改訂された新学習指導要領で・・・』
    『学習指導要領を定める・・・』
    『学習指導要領の法的・・・』
    『学習指導要領の変遷を見るに、1958年の改訂によって学習指導要領の性格は大きく変容した。この変容について述べなさい。』 
    児童生徒の基礎学力が低下したことや、青少年の非行などが問題となり、この改訂によって経験学習から系統学習への転換が図られた。この改訂において重視されたのは、道徳教育の徹底、基礎学力の充実、科学技術教育の向上などであった。
    結果として学習指導要領を基に教育課程は、各教科、道徳、特別教育活動、学校行事等の4領域に構成された。基礎学力の育成を目的として授業時間数に関しては最低授業時間を規定された。道徳においては現状効果があがっていないことから改訂前より先行的に実施された。またこの改訂において、学習指導要領の名称から「試案」の文字が消滅し、法的拘束力が強化された。
    『新学習指導要領で「基礎基本の確実な定着(つまり基礎学力)」をはかる指導方法には

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    Z1105 学校教育課程論
    『学習指導要領の変遷を見るに・・・』 
    『新学習指導要領で・・・』
    『新学習指導要領に対して・・・』
    『今回改訂された新学習指導要領で・・・』
    『学習指導要領を定める・・・』
    『学習指導要領の法的・・・』
    『学習指導要領の変遷を見るに、1958年の改訂によって学習指導要領の性格は大きく変容した。この変容について述べなさい。』 
    児童生徒の基礎学力が低下したことや、青少年の非行などが問題となり、この改訂によって経験学習から系統学習への転換が図られた。この改訂において重視されたのは、道徳教育の徹底、基礎学力の充実、科学技術教育の向上などであった。
    結果として学習指導要領を基に教育課程は、各教科、道徳、特別教育活動、学校行事等の4領域に構成された。基礎学力の育成を目的として授業時間数に関しては最低授業時間を規定された。道徳においては現状効果があがっていないことから改訂前より先行的に実施された。またこの改訂において、学習指導要領の名称から「試案」の文字が消滅し、法的拘束力が強化された。
    『新学習指導要領で「基礎基本の確実な定着(つまり基礎学力)」をはかる指導方法には..

    コメント1件

    スズキヨ 販売
    この資料が学習のお役に立ちましたら、推薦ボタンをぜひとも押してください。
    2009/09/25 16:00 (7年2ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。