【レポート】P6102  文学概論 第二設題 A判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数568
ダウンロード数4
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    P6102 文学概論
    『文学という出来事について』
    文学が文字で書かれた物であるならば、文学の目的には「書く」「読む」ことが伴われなければならない。私は設題について、文学=本を書くこと、本を読むことの2つの要素に分解し、今回は読む立場から文学について言及する。
    Ⅰ.作品紹介
     
     今回とりあげた作品は東野圭吾『天空の蜂』(講談社文庫,1997)である。『天空の蜂』は、8月7日午前5時に、犯人の一方的な意思によってスタートした「ゲーム」が、同日の午後2時30分過ぎに終結するまでを描いた物語である。
    序盤は、その殆ど全てがヘリコプター「ビッグB」と共に天空に置かれる事となった少年の救出作戦に注がれる。作者が自衛隊航空救難団の知恵を借りたという救出シーンには、フィクションとは思えない程の臨場感がある。
    中盤は、降り募る負の感情を払い除け、前向きに奔走する人々の様子が描かれている。原発推進派・反対派、そのどちらにも与しない、「徹底的にニュートラルな立場で描こうと決意した」という作者の視線を通して、読者は、自分なりの「原発観」を構築して行く事になる。
    終盤では主に、犯人の意図した事とその背景にあ..

    コメント1件

    スズキヨ 販売
    この資料が学習のお役に立ちましたら、推薦ボタンをぜひとも押してください。
    2009/09/25 16:01 (7年2ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。