【レポート】佛教大学 生徒指導・進路指導の研究(中・高) 第一設題 A判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,396
ダウンロード数39
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    Z1109 生徒指導研究1
    『中学・高校における生徒指導の原理は何か、また、その際に留意しなければならないことは何か、説明せよ』
    Ⅰ.生徒指導の原理
     生徒指導とは『生徒指導の手びき』に示されているおおり、児童・生徒の人格を尊重しつつ、個々人の個性の伸長を最大限にはかり、総合的な人間形成をめざした教育活動といえる。つまり一人ひとりの児童・生徒の置かれている環境や社会的諸条件に即して、これに主体的に対応し集団での人間関係の改善や協調性の向上を図り、自己指導能力や自己教育力を高めて自己実現が可能となるような資質と態度を育てる教育的な指導・援助である。そしてその生徒指導を成立させている4つの理論があり以下簡単に説明する。
    ①ヘルバルトの指導理論:道徳的人格の形成をめざすために、管理・教授・訓練の3つの概念から指導活動の体系を形成するとしている。
    ②マカレンコの指導理論:集団の組織化という視点から教育を考えている。集団の発達を3段階に分けており、第1段階は規律構築、第2段階は規律維持、第3段階は個々の要求が集団の要求となり規律が確率する段階として、この理論を教室における教師と生徒にあてはめてい..

    コメント1件

    スズキヨ 販売
    この資料が学習のお役に立ちましたら、推薦ボタンをぜひとも押してください。
    2009/09/25 16:02 (7年2ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。