【レポート】佛教大学 教育心理学1 教育心理学 第1設題 A判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数2,310
ダウンロード数63
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    Z1103 教育心理学
    『児童期、青年期において社会的認知(社会性の発達、対人関係(親・仲間))の拡がり、自己意識などがどのように変化するのかをまとめよ。』
    Ⅰ.児童期-自己意識-
     児童は様々な視点から物事をとらえることができるようになり、自己中心的なものの見方から、客観的なものの見方へと変化していく。
    なかでも特徴的なのが「性格特性の理解」があり、容貌・行動といった外見的な物事のとらえ方から、性格・感情などの心理的なもののとらえ方ができるようになり、長所・短所を含んだ両面的な理解ができるようになる。
    もうひとつ特徴的なのが「社会的比較」とよばれる他者との比較をする能力が育ってくることである。
    他者との比較をすることで自己評価の「ものさし」を得ることができ、このような比較によって人間の特性の多様性に気づき、自分もその中に位置づけて理解するようになる。
    そして、「性格特性の理解」や「社会的比較」を通して、他人が自分にどのような態度で接するかということから、自分が他者からどのような人間と考えられているかを知るようになる。
    Ⅱ.児童期-対人関係-
     小学校に入学すると学校という新しい生活空..

    コメント1件

    スズキヨ 販売
    この資料が学習のお役に立ちましたら、推薦ボタンをぜひとも押してください。
    2009/09/25 16:03 (7年2ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。